採用情報

Home > 採用情報 > 社員インタビュー > 2007年度入社 介護福祉士 堂坂さん

仕事内容

利用者さんの身の回りのお手伝いをしています。内容は、食事や排泄、そしてコミュニケーションをとったりすることです。
なかなか難しさも感じますが、利用者さんにとって、これまでの生活をなるべく崩さないように心懸けています。

志望動機

学生時代は関東で過ごしましたが、Uターン就職を希望していました。また、私の地元である輪島市の先輩が介護福祉の仕事をしていて、以前より介護に興味をもっていました。
決め手となったのは、施設を見学したときに、職員さんの挨拶がとても明るい様子を見て、他の施設よりも楽しそうだという印象を受けたためです。

仕事で印象的なエピソード

最初は失敗の連続でした。そんなときでも、利用者さんに対する、先輩職員の配慮、やりとりが素晴らしく、凄いなといつも感じていました。
先輩職員が、私と利用者さんをつなげてくれたと思うので、これまで楽しくできたと思っています。先輩職員に支えていただき、本当に感謝しています。

今後の目標について

この職につくと、利用者さんの死と向き合わなければなりません。利用者さんの亡くなる瞬間だけでも、「この人にみてもらえてよかった」と思ってもらえるような介護福祉士になりたいなと思います。
私が先輩職員にしていただいてきたようにはまだできないかもしれないですけど、必要とされる職員になっていきたいです。

メッセージ

ご存知のように能登は高齢化が進み、お年寄りの方々の比率が非常に増えています。
能登で就職先を探していたたきは、介護しかないというイメージだったのですが、介護福祉を通して、利用者さんからも職員からも学ぶことが多くて、毎日が成長の積み重ねとなっています。
今は仕事にも慣れて、「介護は楽しい」という気持ちになれたので、今後も若い人が増えて一緒に楽しくできたらと思います。

ページの先頭へ