採用情報

Home > 採用情報 > 社員インタビュー > 2009年度入社 介護福祉士 橋本さん

仕事内容

利用者さんの日常生活の援助をしています。援助というのは、利用者さんが一人でできないことのお手伝いです。
例えば、利用者さんが一人で食事ができなかったら、私が手の代わりになったり、利用者さんが一人で歩けなかったら、私が足の代わりになっています。

志望動機

私の地元が輪島市門前町で、学生のときに実習で金沢市内の福祉施設に行きましたが、そこは従来型の施設でした。「ゆきわりそう」はユニット型の施設でお風呂の介助も少人数で行い、一対一で関わりながら介助できると思い、それが決め手となりました。
また、私の祖父も「ゆきわりそう」にお世話になっていたので、以前から知っていて、施設、職員の雰囲気も良いなと思っていました。

仕事で印象的なエピソード

利用者さんに自分の名前を覚えてもらったことが一番嬉しいです。「姉ちゃん」や「母ちゃん」といった抽象的な呼び方をされることが多いのですが、名前で読んでいただけたときは本当に嬉しいんです。
あとは、利用者さんの笑顔をみたときですね。最初は私と話していても笑顔がみれなかったのですが、関わっていくごとに距離が縮まり、今は満面の笑みをみせてくれます。

今後の目標について

私たちは縁があって利用者さんと関わることになります。認知症などで今後記憶がなくなったとしても、少しでも利用者さんの記憶に残るような関わりがしたいです。
また、学生のときに実習生として研修を受けたとき、実習中にめげそうになると実習指導者の方が手助けしてくれました。おかげでこの仕事についたので、私を手助けしてくれた指導者の方のように、実習生や新人に指導できるようになっていきたいです。

メッセージ

「ゆきわりそう」の周囲の環境は、海や山に囲まれた、典型的な田舎です。都会に住み慣れている人にとっては、この環境は最初は戸惑うかもしれませんが、「ゆきわりそう」の職員はおおらかで、地域の人も優しい人ばかりです。
心配や不安を抱かず、来てくれると嬉しいです。

ページの先頭へ