ゆきわりそうについて

Home > ゆきわりそうについて > 理事長の挨拶

理事長の挨拶

「ゆきわりそう」は曹洞宗総持寺祖院に近く、禅の心と雪割草の群生する自然豊かな輪島市門前町にあります。この地で、「和顔愛語」をモットーとして、ご利用者様のご満足を高めたいと職員一同懸命に努力しております。

「福祉は人なり」と申します。お年寄りが大好きで・福祉に志のある方は是非ご連絡ください。心よりお待ちしております。

最後に、日頃お世話になっております関係各位・地域の皆様に深く感謝申し上げますと共に「ゆきわりそう」が真にお役に立つ施設となることをお誓いしてご挨拶といたします。

ゆきわりそう介護の心得

この仕事を選んだことが 貴方のやさしさの原点
その気持ちを大切に育てて欲しい

理念:和顔愛語
  • 明るい笑顔、元気なあいさつ、やさしい言葉
  • 笑顔を絶やさず、利用者と同じ目線でお話する
  • 敬意を払った自然な言葉使い
  • 認知症の方の話を傾聴し、否定しない
介護の本質
  • 対人マナー、人間としてのやさしさ
    (食事・入浴・排泄の基本業務のその先にあるもの、その基にあるものが大切)
  • 気づき、見守り、背を向けない
考える
  • むり、むだ、非効率なことがないか
  • 利用者をよく知る為には何をすべきか
  • 職員同士を良く知るには何をすべきか
チームワーク
  • ユニットケアはリーム介護
  • ケアの統一
  • チームのコミュニケーションが出来ているか
お客様として
  • ゆきわりそうはサービス業です
  • 暖かい目で見守り援助する
  • 事故の再発防止

ゆきわりそうのシンボルマーク

雪解けとともに春の訪れを告げる雪割草の姿に新たな生活のスタートの応援と美しい介護の花を咲かせたい気持ちのメッセージです。

ページの先頭へ